FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

3台乗ったセルシオの思い出と愛車…。

豊田 世流氏夫は名の通り、昔セルシオに乗っておりました。

今回は久しぶりとなる過去の愛車シリーズで上手く仕上げ

3台乗ったセルシオの思い出と感動を振り返ってみます。

conv0001_convert_20410236080934.jpg
↑はじめは中古の20後期セルシオで静かなエンジン音に驚き

本当に感動させられましたねぇ~LS460より静かなエンジン音

初めてV8エンジンの車に乗ったのもこちら20後期セルシオ

conv0002_convert_20410258080942.jpg
↑20代前半の若者が乗っていいクルマではナイと感じましたよ。

いくら中古とは言え一応、現行車になりますので高かったぁ…。

お金がナイのでムーンルーフ本革シートナシクルマ…。

とにかくセルシオという素晴らしいクルマを知った1台でした。

conv0003_convert_20415278080952.jpg
↑2代目のセルシオとなったのが30前期セルシオ

このセルシオは愛着がありましたねー!(色々あった)

撮影場所は現在の「ル・トロワ」がある札幌中心部。

conv0004_convert_204152474081003.jpg
↑こちらも札幌駅の大丸GUCCI」前にて撮影しております。

とにかく30前期セルシオは色々な場所で写しましたし…

ホイール2セット購入しておりますので愛着がありました。

初めて「車のお祓い」をした思い出深い30前期セルシオ

conv0005_convert_20415243081014.jpg
↑そして3代目、最後のセルシオとなるのが30後期セルシオ

新車から大切に乗っておりましたのでBBS以外ノーマルです。

TVキットエアサスコントローラーも後に装着して快適なセルシオでした。

conv0006_convert_20415247081025.jpg
↑不思議と新車の30後期セルシオより30前期セルシオの方が

愛着もあり、大切に乗っていた記憶がありますね。(どうしてだろ?)

まぁ~どの愛車も大切に乗っておりましたが30前期セルシオ

一番印象に残ってますよ。(今でもトイレには写真が飾られている)

豊田 世流氏夫のセルシオ人生で語るのであれば…

1代目20後期セルシオ
初めてのセルシオで一番スタイルがよかったセルシオ

2代目30前期セルシオ
一番手を掛けてイジッた今でも思い出す自慢のセルシオ

3代目30後期セルシオ
セルシオの歴史でも最後で唯一、ノーマルで乗ったセルシオ

3台乗ったセルシオの思い出とは今でも忘れる事できません。

今まで乗ってきた3台のセルシオがあったからこそ現在は、

LS460に乗っているのだと思います。セルシオの良さを知っている)

もう…この世に存在していないのかもしれませんが再び出会い

3台乗ったセルシオの思い出として記憶に追加したいですね


スポンサーサイト

テーマ : 愛車履歴
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

素敵な思い出

世流氏夫さん、おはようございます。

素敵な思い出ですね。
この車に出会ったから、現在の車に繋がることありますね。
その時々に乗った車それぞれにも勿論愛着と思い出はありますけど・・・。
より一層思い入れと愛着が深い車はありますからね。

お陰でこちらもちょっと過去の車との思い出を思い出しました。
ありがとうございます。

最高とゆう名の…(^^)

豊田さん、Breanさん、こんにちは♪(^^)

ギガが無くなってあたふたのUーアイです(笑)

セルシオ!私も3型前期を数年所有しました!
色々な所にドライブ行った思い出深いセルシオ
です(*´-`)

セルシオにハマって豊田さんのブログに
出会い、トヨタのウルトラスムーズV8を
愛するようにもなりました♪

あれから様々なクルマに乗り換えましたが、
3型セルシオのようなバランスの良い車は
他に無かったですね。

LSにしても、セルシオにしても3型が
一番完成度が高い気がします(^-^)

Re: 素敵な思い出

Brianさん。

こんばんは!
必ず過去の愛車は現在に影響していると思います。
全ての愛車に色々な思い出がありますね…。
記事を書いてセルシオに対する想いが
色々あったと振り返りながら仕上げました。

Re: 最高とゆう名の…(^^)

U-アイさん。

こんばんは!
月末になるとギガなくなりますよね。
セルシオは本当に優秀なクルマでした。
3台も乗り継げば長所、短所は分かり
それぞれに良い所があったと思います。
やはり最終型が一番完成度が高いですね。

No title

豊田さん
こんにちは。
自分も若い頃10後期Bタイプに乗ってまして
セルシオには愛着があります。
テレビ無しのサンルーフに皮で車高調入れて
ボルクレーシングのホイール履いてました。
手放した後は何回か夢を見たもんです
それからLS購入の前の30前期ですね!
セルシオはホント愛着のある車でした。

Re: No title

CAさん。

こんばんは!
10系だけ経験がないので乗ってみたかったです。
初代セルシオは、やはり経験すべきでした…。
30系前期もそうですが10系後期も結構綺麗に
ドレスアップしていたようですね♪
愛車の夢は見ますね…不思議と当時の年齢で…。

30後期セルシオ

セルシオの記事、大変参考になりました。
また、取り上げてください。

当方が高校2年のときに初代セルシオに感銘を受け、以来21年越しの念願が叶い、8年前に7年落ち3万3千キロの30後期eRを友人より購入しました。

現在8万8千キロで、コイルサス、クリアランスソナーレスのため、トラブルは皆無で確かに完成度の高いクルマです。未だに飽きない素晴らしいクルマです。

当方も初代セルシオの経験がなく、残念に思います。

新型LSは大失敗作ですので、LS460に乗り続けるのが正解と思います。
(LS600hLは欲しくなりませんか?)

Re: 30後期セルシオ

grs180ucf30さん。

はじめまして!
コメントありがとうございます♪
30後期eR仕様にお乗りですか?
横浜にいる友人も30後期eR仕様に乗っています。
大切に乗っており、見る度に輝きが増している
気がしますね。(とても綺麗に乗っている方です)
30後期セルシオは最終型という事もあり完成され、
今でも美しく感じるクルマの1台ですね。
LS600hLは一度、所有してみたいクルマですねぇ~
後期の最終型が欲しいですよ。

No title

大変嬉しいコメントをいただき、感激です。30後期eR仕様のセルシオに一生乗り続けるため、雨の日は乗らないなど大切にしております。普段はクラウンを愛用しております。

当方と親父で計5台、20年にわたりクラウン(全て新車)を乗り継いでいます。クルマに詳しくない親父でも『高速安定性が違う、加速の滑らかさが凄い、エンジン音も良い、エアコンの出来が違う、長距離ドライブでも疲れない...』と解るあたり、確かに次元の違うクルマです。

昨年2月に東京でLS460 versionC(2013年式)を24時間レンタルし、伊豆までじっくりテストドライブしました。東名高速での加速は、さすがに4.6L 385馬力だけあり、30セルシオより数段強力でしたが、エンジン音は3UZ-FEのセルシオの方が『フーン』と耳に心地良いサウンドを奏でるように感じられるなど、30後期セルシオもそれほど色あせていないことが解り、大切に乗り続けることにしたものです。

LSは、縞木目の凄みのある木目ハンドルやメッキ縁取り各種スイッチ等、高級感溢れる内装で非常にリッチな気分で運転出来る、優雅なクルマと考えます。


世流氏夫さんに質問なのですが、エンジン音についてはセルシオ時代の3UZの方が、LS460の1URよりも良いサウンドを奏でるように思うのですが、如何お考えでしょうか?

Re: No title

grs180ucf30さん。

こんばんは!
雨の日は乗らない事にしているのは愛情を感じますよ♪
雨天時走行を避けたい気持ちは十分分かりますから…。

20年の歴代クラウンを5台新車で購入されているとは
お父様もクルマ好きなのですね♪(我が家もそうです)

LS460後期を24時間レンタルで運転すると十分堪能でき、
良い所と悪い所がハッキリと分かったと思います…。
セルシオから100PS以上、上げてますので破壊的な
パワーは感じる事できますが静粛性はセルシオに
勝てる事はできないでしょう。(納車直後に感じました)

ボディ剛性はセルシオより、しっかりしていると思います。
内装もセルシオにプラスアルファしたくらいで驚くほど、
高級感は増したと感じませんね。

ご質問ですが…
世界一静かなエンジンと言われた様にセルシオとLS460を
比べれば断然セルシオの方が静粛性に優れているでしょう。
LEXUSの考えとしては静粛性よりも「運転している楽しさ」を
優先したみたいでエンジン音を心地よいサウンドにして
欧州車に近づけたと言っておりました。(考えを変えた?)
しかし…納車から1年も経てば不思議と1URのエンジンでも
静かに感じるのです…人間慣れって恐ろしいですね…。
新型LS500のV6ツインターボは魅力に感じませんでした。
早速、改良された様ですが…V8を復活させてほしいです。

No title

大変詳しく教えていただき、とてもよく理解できました。ありがとうございました。

 当方が、これまでに試乗したクルマで最も印象に残っているのが2003年10月4日に試乗した30後期セルシオ・C仕様Fパッケージ・インテリアセレクションです(←これまで試乗したクルマの感想を全てノートに記しています)。
ディーラー敷地内から幹線道路に出るまでに、もの凄く静かで滑らかなクルマであることに驚嘆し『これ以上ない最高のクルマ』と確信したことを記しております。当時入社8年で、貯金全部はたいて購入すると親に宣言したところ、「とんでもない、セルシオは医者か弁護士の乗るクルマだろう!」と猛反対され、止む無くゼロクラウン・アスリートを購入しました。ですので、セルシオを3台乗り継ぎ、最後に30後期セルシオC仕様インテリアセレクションを新車で購入された世流氏夫さんを尊敬するものです。

今年2月10日にLS500 Fスポーツを試乗した際には、魅力的なクルマと思える要素が何一つなく、トヨタはどうしたのか? という印象しか残りませんでした(ツインターボのイメージとは裏腹に豪快な加速フィールは感じられなかったこと、いたずらに肥大化したボディサイズ、やたらに閉塞感が強い室内、等々)。レクサス店のベテランセールス氏に「30後期セルシオこそが、高級車の王道ですよね!」と、LS500を一切持ち上げることが無くビックリしました。仮にV8モデルが追加されたとしても興味を持てそうにありません。

40型LSの静粛性については、2006年10月にデビュー当時の開発者は、『ドライバーに運転している実感を持ってもらうため、意図的にエンジンフィール(音)を残す方向性にしています・・・』という名目のコメントをしていました。 一説によると初代セルシオから続いた1UZ・3UZ系エンジンを17年ぶりに刷新し、直噴化した結果、開発中期以降になっても静粛性に関する目標値をどうしてもクリアできず、最終的には遮音材等を追加するなど対策を講じることで何とかレクサス基準を達成したが3UZ系と比較すると音・振動レベルが依然大きいため、止む無く上述した名目のコメントをするに至った・・・、という説を聞いたことがあります。カタログでは、最終型セルシオに対して
  重量:1,800kg(30後期A仕様)→1,940kg(LS460標準)
  パワー:280→385ps
  燃費:8.9→9.1km/L
と相反する課題に対して、1UR-FSEエンジン、8速AT、等々によりパワーアップと燃費向上を見事に実現できた反面、直噴化により静粛性が犠牲になったのだろうと推測しております。

昨年1月頃に、50型LSではV8エンジンが無くなるらしいことがわかり、昨年2月下旬にLS460をレンタルし、気に入ったら入社20周年記念に貯金をはたいて後期型のマーキュリーグレーにメローホワイト内装のLS460 Fスポーツ(3年3万㌔程度のCPO)を買うべきか思案していました。伊豆の帰路、東京に向かう第二東名の第3通行帯(御殿場付近)を覆面に注意し130程度で巡航時に、後方からシルバーの30後期セルシオが猛迫してきたため、第二通行帯に戻ったところ『セルシオを超えるのはセルシオだけ』といわんばかりに、あっという間に視界から消えていきました(見たところ、フルノーマルでした)。富士山ナンバーが非常によく似合っており、最終型セルシオの雄姿が強烈に印象に残り「やっぱりセルシオに乗り続けるべきだ!!」と確信した瞬間でした。

世流氏夫さんにもう一度だけ、質問させてください。代車のLS600h version C-Iパッケージの記事も非常に参考になり全て熟読させていただいたのですが、600hだとセルシオ以上の静粛性があるのでしょうか?(急ぎではないので、今度機会があったときでokです)

Re: No title

grs180ucf30さん。

こんばんは!
2003年10月と言えば30後期がデビューして2ヶ月ですね。
早々と試乗してノートに記しているとは頭が下がります。
当時は、どんどん完成されていくセルシオに対して
本当に感動して40前期セルシオが出たらどうなるのだろう?
っと思ったのを覚えております。(結局LSになりましたが)

LS460に乗った時の感動は忘れませんが30後期と比べてみて
日本の良きクルマから世界に向けての挑戦に変わった気がします。
販売店オプションもセルシオの方が充実してましたし、何より
日本人好みの心地よい空間と静粛性が忘れている気がしますね…。
40LSは後席センターコンソールのスイッチが“version U”でないと
装備されておりません…セルシオはインテリアセレクションだと
Fパッケージまで豪華ではありませんが一応、オーディオスイッチが
装備されておりますので友人などはセルシオの方が豪華だと言います。

ご質問ですが…
代車のLS600h“version C・I package”はセルシオに比べてしまうと
エンジン音が気になりますね…ただモーター走行からエンジン始動時に
気になるのと、アクセルを踏んだ時の5ℓV8エンジンが回転数上がった時
セルシオとは比べものにならない程、車内に音が入ってきます。
ただウルサイのではなく、心地よいエンジン音なので気になりませんね。
セルシオは本当に静粛性を求めて造られたクルマなのだと再認識しました。

御礼

早速のご回答をいただき、ありがとうございました。
前回は長々と書いてしまい、恐縮です。

LS600hについて大変参考になりました!
これまで『特別な高級車』というイメージしかありませんでしたので、本当のところについて初めて知ることが出来、感謝いたします。

LSは初期型が最も日本車らしい繊細な外観デザインであり、30後期セルシオのデザインと共通点があると考えます。お互い大切に乗り続けたいですね。
プロフィール

豊田 世流氏夫

Author:豊田 世流氏夫
札幌生まれの札幌育ち…三十路過ぎのクルマ好きです。18歳で免許を取得してから「クルマはノーマルで乗らない!」をモットーに生きてきました。三十路を過ぎた頃に「ノーマルの良さ」を分かってきて現在乗っているLS460は、ノーマルです。北海道の冬は厳しくFRでは限界があるので8ヶ月待ち、NX300h“F SPORT”を増車しました。両車共ノーマルですが決してイジッたクルマが嫌いになった訳ではありません。街中でキレイにイジッたクルマを見ると何故か嬉しくなり話しかける時もあります。とにかく車を「ただの移動する道具」と考えているのではなく「自分の体の一部」と思って生きている人間なので、このブログを通じて同じクルマ好きの方と出会えれば光栄です!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
★ご質問や画像などのご要望、何でも受け付けておりますのでお気軽にメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯でブログをチェック!!
QR