FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

CLASSIC CAR FESTIVAL 2018と愛車…③

しばらく空いてしまったのですが…久しぶりに書きますね。

震災前は、各地でイベントお祭りが多くやっておりました。

今年最後の「ワールドオートバイサーカス」を見る事ができる

9月24日~26日の栗山天満宮例大祭は行けるかなぁ…。

conv0024_convert_20200654.jpg
GM Pontiac GTO!この時代のアメ車は素晴らしい

とても魅力的で特徴あるデザインに惚れてしまいます。

conv0025_convert_20200723.jpg
木製パネル木製ステアリング、味気ナイのも

魅力のひとつではないでしょうか?(粗野な装備がいい)

conv0026_convert_20200752.jpg
↑この時代は本当に無駄な長さがあったリア

それがまたカッコイイのでしょうね。(しかし長い)

conv0027_convert_20200931.jpg
Ford Mustangこの型が一番カッコイイですよ!

アメ車に勢いがあった時代ですので見てるだけで幸せ

conv0028_convert_20200824.jpg
↑当時は当たり前にV8エンジンを搭載しておりました。

無駄にデカくて長いのは、それなりに魅力が十分ある。

conv0029_convert_20200901.jpg
↑1960年代から、この完成された素晴らしいリア

とても日本じゃマネできないデザインです。(斬新かな)

conv0030_convert_20201007.jpg
↑いい雰囲気なのはMercedes Benz 190SL

石原裕次郎が乗っていた300SLと同型になりますが

3000㏄1900㏄なので全くの別物扱いとなるでしょう。

conv0031_convert_20201038.jpg
↑それにしても…この年代のクルマを現在でもメンテして

乗れる状態にしてあるのは素晴らしい事だと思いますね…。

conv0032_convert_20201107.jpg
↑この後部に大きく貼られたスリーポインテッドスター

190SLエンブレムは目を引きますよ。(お洒落さも感じる)

conv0033_convert_20201135.jpg
↑とても珍しいデザインCitroën SMです。

ナンバープレートの位置が今では考えられない…。

conv0034_convert_20201206.jpg
↑低い車体とリアタイヤが隠れているデザイン

クルマではなく宇宙船に見える気がしますね。

conv0035_convert_20201240.jpg
↑もう40年以上前のクルマですが古く感じナイ

当時は、とんでもないデザインだったのではないでしょうか。

以上「CLASSIC CAR FESTIVAL 2018と愛車…。」が

1960~1970年代に活躍したクルマをご紹介しました。(一部ですけど)

次回は少しだけ現代に近づいたクルマをご紹介したいと思います。

CLASSIC CAR FESTIVAL 2018と愛車…②


スポンサーサイト

テーマ : クラシックカーイベント
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豊田 世流氏夫

Author:豊田 世流氏夫
札幌生まれの札幌育ち…三十路過ぎのクルマ好きです。18歳で免許を取得してから「クルマはノーマルで乗らない!」をモットーに生きてきました。三十路を過ぎた頃に「ノーマルの良さ」を分かってきて現在乗っているLS460は、ノーマルです。北海道の冬は厳しくFRでは限界があるので8ヶ月待ち、NX300h“F SPORT”を増車しました。両車共ノーマルですが決してイジッたクルマが嫌いになった訳ではありません。街中でキレイにイジッたクルマを見ると何故か嬉しくなり話しかける時もあります。とにかく車を「ただの移動する道具」と考えているのではなく「自分の体の一部」と思って生きている人間なので、このブログを通じて同じクルマ好きの方と出会えれば光栄です!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
★ご質問や画像などのご要望、何でも受け付けておりますのでお気軽にメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯でブログをチェック!!
QR