FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

2017東京モーターショーと愛車…⑭

今日で2月も最後ですね…例年であれば3月から少しずつ

暖かくなってきてもいいのですが今シーズンは遅そうです。

長らく続けてきた「2017東京モーターショーと愛車…。」も

何とか4ヶ月で終わらせる事ができました。(見飽きた感があるでしょう)

世界のTOYOTAラストを飾りたいと思いますのでご覧ください。

conv0001_convert_20205933.jpg
↑日本を代表するクルマと言えばCENTURYだと思います。

過去50年間でフルモデルチェンジは2度のみ行われた。

conv0002_convert_20210105.jpg
↑う~ん…真横から見ても素晴らしいフォルム

全長は5335㎜Mercedes-Maybach S 650より

若干短いですが要人を乗せるには十分な広さと長さを

確保しておりますので後席の方は不自由しないでしょう。

conv0003_convert_20210146.jpg
↑大きく変わったフロントマスクも近代的な感じがしますね。

和製ファントムと言ってもいいくらい上品さがありますよ。

conv0004_convert_20210211.jpg
↑大きく変わったのはエクステリアだけではありません。

このモデルからV12エンジンは廃止されV8 5ℓハイブリッドに。

これで日本からV12エンジンは完全に無くなった事になります。

conv0005_convert_20210235.jpg
↑まぁ~これも時代の流れでしょう…V12なんて時代遅れ?

でも…CENTURYだけは、ずっと1GZ-FE型V12 DOHC

搭載してこれからも続けてほしかったと個人的に思いました。

conv0006_convert_20210258.jpg
↑見慣れぬスポーツカーGR HV Sports Concept

スポーツカーと環境技術を融合した新たな
     クルマの楽しさを提案するコンセプトカー」として

現代版スープラの様な雰囲気を感じますね。

conv0007_convert_20210321.jpg
GR HV Sports Conceptパワートレインには、

GAZOOレーシング」が「TS050 ハイブリッド」の運用で鍛えた

ハイブリッド技術「THS-RTOYOTA Hybrid System-Racing」が

搭載されているらしいです。(2019年に発売予定という噂が…)

conv0009_convert_20210409.jpg
↑人工知能を持つクルマTOYOTA CONCEPT-愛i

ナイトライダーK.I.I.Tみたく、しゃべったりはしませんが

人を理解する「Learn」技術をベースに、自動運転技術による

安全安心(Protect)エージェント技術によって移動の楽しさを

充実させる「新しいFun to Drive(Inspire)を提供するらしい。

conv0008_convert_20210345.jpg
ユニークデザインTOYOTA CONCEPT-愛i RIDE

先程のTOYOTA CONCEPT-愛iコンパクトバージョンかな。

解りやすく言うとGUNH&K USPUSPコンパクトと同じ様な

感じだと思いますが銃を知らないと余計解りにくいですね…。

conv0010_convert_20210433.jpg
↑さっさと次にいきます…こちらはTj CRUISER

FJクルーザーの後継車でしょうか…全く別のクルマに感じますよ。

conv0011_convert_20210457.jpg
CENTURYの次に期待していたのはCROWN Concept

今流行りのを全て取り入れたようなクルマですね。

conv0012_convert_20210522.jpg
スタイル新型LSっぽくクーペスタイルに…。

たぶん…このスタイルのまま夏に市販されるでしょう。

conv0013_convert_20210551.jpg
↑対向車で画像のように走って来たら目立ちますよ!

インパクトは強いのですが…オジサンに受け入れられるのか

少し心配になってきます。(間違いなく若者ウケしますが新車で買えるかなぁ)

conv0014_convert_20210618.jpg
↑今までのクラウンゼロから開発しており、最新技術も

搭載して、「走行性能の追求」と「コネクティッド技術の進化」の

両輪で開発したのがCROWN Conceptらしいです。

conv0015_convert_20210646.jpg
コレを見たら…もうオジサンだけのクラウンは終わり

走りも追及できるクラウンに生まれ変わったみたいですね。

どれだけの進化か夏に発売されたら試乗してみますよ!

conv0016_convert_20210711.jpg
↑こちらの斬新なクルマTOYOTA FINE-Comfort Ride

プレミアムサルーンの新しいかたち」を目指したコンセプトカー

conv0017_convert_20210740.jpg
ボディサイズ全長4830㎜全幅1950㎜全高1650㎜

3450㎜ロングホイールベースでとても長く見えますね。

conv0019_convert_20210829.jpg
↑これからのミニバンFCV(燃料電池自動車)が主流になり

TOYOTA FINE-Comfort Rideが多くなるのでしょうか?

conv0020_convert_20210852.jpg
トヨタ車体からは次世代ミニバンLCV Conceptをご紹介。

トヨタ車体ハイエースアルファードエスティマなどの

ミニバンを中心に開発と生産しております。(走れば注目度100%)

conv0021_convert_20210918.jpg
TOYOTA FINE-Comfort Rideは自家用車ミニバン

こちらのLCV Conceptは商用車ミニバンみたいな感じ。

近い将来、ハイエースLCV Conceptのような姿になり

街を走る事は、そう遠くないかもしれません。

conv0022_convert_20210943.jpg
↑こちらはLCV ConceptCARGOで完全に商用目的。

その他、LCVベースファーストクラスのようなシート

2座席取り付けられ、豪華に仕上げたモデルとして

LCVBUSINESS LOUNGECONCEPTもあるそうです。

さてさて…昨年、11月10日から本日まで14回に分けて

書いた「2017東京モーターショーと愛車…。シリーズ

東京モーターショーに行かれなかった方も少しは会場の様子を

味わえたのではないでしょうか?(行かれた方は復習のつもりで…)

conv0023_convert_20211008.jpg
↑再入場される方は出口で画像のようなバンドをされます。

豊田 世流氏夫は再入場しませんが記念に毎回着けてますね。

約4ヶ月の長い間、「2017東京モーターショーと愛車…。」に

お付き合いしていただきありがとうございます!(次回は来年ですね)

豊田 世流氏夫も満足した記事が書けましたので来年秋に始まる

第46回東京モーターショー2019も気合い入れて書きますよ。

          THE END

2017東京モーターショーと愛車…⑬


スポンサーサイト



テーマ : 東京モーターショー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

世流氏夫さん、こんばんは。

東京モーターショー、ラスト記事ありがとうございました!
ラストがトヨタというのは、世流氏夫さんの拘りですね(笑)

これから電気自動車にシフトしていきそうな気配ですが、電気の供給は大丈夫なのでしょうか?
田舎ほど、自動車は生活の一部となってるものですからね。

来年の東京モーターショー記事も楽しみにしています。

Re: No title

Brianさん。

おはようございます!
東京モーターショーのラストは気に入っていただけましたか?
各メーカーエコだのEVだの競っていたのが目立ちましたね…。
電気自動車もインフラが何とか普及してきているので
都会では不便なく乗れそうですが少し離れた地域では
難しいと思います。
プロフィール

豊田 世流氏夫

Author:豊田 世流氏夫
札幌生まれの札幌育ち…三十路過ぎのクルマ好きです。18歳で免許を取得してから「クルマはノーマルで乗らない!」をモットーに生きてきました。三十路を過ぎた頃に「ノーマルの良さ」を分かってきて現在乗っているLS460は、ノーマルです。北海道の冬は厳しくFRでは限界があるので8ヶ月待ち、NX300h“F SPORT”を増車しました。両車共ノーマルですが決してイジッたクルマが嫌いになった訳ではありません。街中でキレイにイジッたクルマを見ると何故か嬉しくなり話しかける時もあります。とにかく車を「ただの移動する道具」と考えているのではなく「自分の体の一部」と思って生きている人間なので、このブログを通じて同じクルマ好きの方と出会えれば光栄です!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
★ご質問や画像などのご要望、何でも受け付けておりますのでお気軽にメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯でブログをチェック!!
QR