FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

イカす場所での撮影と愛車…。~二十間坂編~

夜も更けた…誰もいない函館の観光スポット…。

毎年、深夜の撮影は金森倉庫だけで終わりなのですが…

今回はイカす場所での撮影とNX300hF SPORT

もう1ヶ所行ってきたので記事にさせていただきます。

conv0019_convert_20021238.jpg
↑函館では結構有名な二十間坂に行き撮影しました。

みなさんの中にも行った事がある方やTVなどで一度は、

ご覧になられている方もいるのではないでしょうか?

conv0020_convert_20021320.jpg
↑有名な観光スポットも深夜1時を過ぎれば函館は

誰もいなくてクルマも通っておりません(撮影には最高!)

そんな訳でNX300hF SPORTを真ん中に堂々と停め撮影。

conv0021_convert_20021358.jpg
↑今回初めてイカす場所での撮影となった二十間坂

二十間坂とは?
その名の通り道幅が二十間(約36m)ある坂。
この幅は何度も函館を襲った大火に備えてのもの。
冬期にはライトアップされ、明治館前まで続く
イルミネーションを楽しめる。
↑以上、函館市公式観光情報「はこぶら」より抜粋。

conv0022_convert_20021428.jpg
↑さて…ここからはハザードを点灯させての撮影です。

こう少し離れて撮ってみると…道幅が広いのは分かりますね。

conv0023_convert_20021500.jpg
↑この時もハザード点灯させていたのですが…

たまぁ~に消えている時、写してしまう事があります。

conv0024_convert_20021719.jpg
↑う~ん…LEDポジションランプハザードランプ

同時点灯してイカす場所での撮影とNX300hF SPORT

今までにナイ!素敵な画像が撮れたと思いますよ。(個人的に…)

conv0025_convert_20021533.jpg
二十間坂から見下ろす函館の街は、とても素敵

最近の函館も新しいマンションなど建って昔の古き良き時代が

失われつつありますね…この辺は近代化しても意味ありません。

conv0026_convert_20021644.jpg
↑今回、イカす場所での撮影となり、第1幕・第2幕で構成して

第1幕~金森倉庫編~第2幕~二十間坂編~と分けました。

札幌ラーメンショー2017」みたいになってますね。

来年は我が愛車1号機LS460でも撮ってみたい場所です。

conv0027_convert_20021609.jpg
↑こんな素敵で人の目を意識する事なく撮れる場所が

あるなんて函館はクルマの撮影スポットが意外に

多いのではないでしょうか?(探せばまだありそう)

今回、第1幕と第2幕の撮影に付き合ってくれた

相方には感謝しなければなりません。(寝てたけど)

日付けが変わった深夜まで疲れた中、文句も言わず

待っていてくれたのですから…普通は嫌がりますよ。

ここ二十間坂は毎年撮影する恒例の場所となるでしょう。

※自動更新による記事です。
イカす場所での撮影と愛車…。~金森倉庫編~


スポンサーサイト



テーマ : クルマの撮影スポット
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

豊田 世流氏夫

Author:豊田 世流氏夫
札幌生まれの札幌育ち…三十路過ぎのクルマ好きです。18歳で免許を取得してから「クルマはノーマルで乗らない!」をモットーに生きてきました。三十路を過ぎた頃に「ノーマルの良さ」を分かってきて現在乗っているLS460は、ノーマルです。北海道の冬は厳しくFRでは限界があるので8ヶ月待ち、NX300h“F SPORT”を増車しました。両車共ノーマルですが決してイジッたクルマが嫌いになった訳ではありません。街中でキレイにイジッたクルマを見ると何故か嬉しくなり話しかける時もあります。とにかく車を「ただの移動する道具」と考えているのではなく「自分の体の一部」と思って生きている人間なので、このブログを通じて同じクルマ好きの方と出会えれば光栄です!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
★ご質問や画像などのご要望、何でも受け付けておりますのでお気軽にメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯でブログをチェック!!
QR