FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

2015東京モーターショーと愛車…⑤

もう東京モーターショーに行ってから約2ヵ月が経ちました。

やっと第5弾の記事をご紹介できる様になりましたので

前回と間が空き、みなさん東京モーターショーの熱が

冷めてきていると思います。(でもッ!全て記事を仕上げますよ)

今回は前回のBMW繋がりでALPINAMINIを書きましたので

普段見れないALPINAをご覧ください。

IMG_2606_convert_20142519.jpg
↑北海道でALPINAを見る機会は、ほとんどありません。

たまぁ~に見れば道外ナンバーだったりしますね。

出展台数は少ないのですが東京モーターショーに行く

楽しみのひとつでもあります。

IMG_2607_convert_20142546.jpg
↑20inchのALPINA CLASSICを履かせた『B3 Bi Turbo』。

画像のB3ハンドルですがハンドル仕様オプション

オーダーする事も280,000円で可能です。

やはりALPINAにはALPINAブルーが一番よく似合いますねぇ~

410PSハイパワーマシン10,990,000円にて購入可能。

IMG_2608_convert_20142604.jpg
ディーゼルエンジンを搭載したモデルが『XD3 Bi Turbo』。

直6 3ℓディーゼルターボエンジン搭載で350PSを叩き出し、

最速SUVを求める方には十分走りを満足させてくれるでしょう。

そんな最速SUVは12,340,000円にて手に入りますよ。

IMG_2609_convert_20142621.jpg
↑白く輝き目立っていたのが『B5 Bi Turbo LIMOUSINE』。

フロントスポイラーの「ALPINA」がカッコイイ

V8 4.4ℓが出す600PSとは、どんな感じなのでしょう?

気になる価格は…16,970,000円5シリーズでは考えられない金額…)

IMG_2610_convert_20142638.jpg
ALPINAグリーンが渋いのは『B6 Bi Turbo Cabrio』。

このALPINAグリーンは、とてもイイ色だと思いますよ。

IMG_2611_convert_20142659.jpg
↑ここからは『B3 Bi Turbo』、『XD3 Bi Turbo』、

B5 Bi Turbo LIMOUSINE』3台の反対側になります。

IMG_2612_convert_20142716.jpg
ALPINAブースで一番欲しいのが『B6 Bi Turbo Cabrio』かな。

Cabrioなのでフルオープンにして内装も見える様に展示すれば

もっとカッコイイ画像が撮れたと思いますが…時間によって

開けたり、閉めたりするのかな?(幌は似合わない…)

B5 Bi Turbo LIMOUSINE』と同じV8 4.4ℓエンジンを搭載し

600PSモンスターマシン21,359,000円と驚きの価格。

IMG_2613_convert_20142733.jpg
↑お馴染みのALPINAブルーは『B6 Bi Turbo Gran Coupé』。

V8 4.4ℓエンジン550PSの『B6 Bi Turbo Gran Coupé』は

雪国でも役立つフルタイム4WDシステムを搭載しております。

北海道でも売れそうですが21,970,000円の高級車は

簡単に売れる様な土地柄ではありません。

IMG_2614_convert_20142755.jpg
ALPINA最後を飾るのは『B4 Bi Turbo Coupé』。

最近よく見かけるBMW 4シリーズですが…対向車で

すれ違っても3シリーズか、5シリーズか、分からない時があり

4シリーズの後ろを走っていて気付くのがほとんどですね。

そんな中でも『B4 Bi Turbo Coupé』は北海道で乗っている方は

いらっしゃらないのではないでしょうか。 (一度も見た事がナイ!)

B5 Bi Turbo LIMOUSINE』では大き過ぎて『B3 Bi Turbo』は

小さく感じると言う方にピッタリサイズですよ。

直6 3ℓエンジン410PSだとボディサイズからしても

扱いやすいし、走りも十分楽しめるでしょう。(運転した事ありませんが…)

価格も11,589,000円LS600hF SPORTより安いです。

今回『B7 Bi Turbo LIMOUSINE』がなかったのは残念…。

先代になるF01を展示する訳にはいかず…新型のG11

今回、BMWブースで発表したばかりなのでALPINAではまだ

製作段階に入ってなく、以上の6台がALPINAとして出展された

モンスターマシンでした。(次回の東京モーターショーに乞うご期待!)

IMG_3600_convert_20142836.jpg
↑ここからは少しだけMINIをご紹介させていただきます。

MINIブースは、毎回カジュアルな感じで全ての展示車に

触れられてシートに座れるので必ず混雑しておりますね。

IMG_3601_convert_20142854.jpg
MINIだから似合うボディカラーの『CLUBMAN』。

ご覧の様に凄い人で…まともに撮影ができませんでした。

いつでもディーラーに行けば見れるので数枚しか撮ってません。

確か…8台のMINI COOPERが展示されておりましたよ。

どの車種でも言える事なのですが…MINI COOPER全て

車体が大きくなり過ぎていると思いますね。(個人的な意見)

CROSSOVER5 DOORなど、もうMINIではないでしょう…。

すでに生産終了となりましたが…coupeカッコイイと言える

バリエーションだったと今でも思います。

IMG_3602_convert_20142911.jpg
↑さぁ~今回、2015東京モーターショーと愛車…⑤の最後は

カジュアルな格好をしたお姉さんが「チラッ」と写っている

CONVERTIBLE』でラストを飾りましょう!(下手な撮り方ですが…)

幌が閉じてコンバーチブルか分かりませんが一応この車には

シートに座り、色々とお姉さんから説明を受けました。

そして何を隠そう…幌を閉じたのは豊田 世流氏夫です!

ココのボタンで開閉できますので押してみてください」と

言うので閉じてみて、そのまま降りたらオープン状態には戻さず、

そのまま他の方に説明しておりましたよ。(その状態で撮影)

MINIブースは混雑しておりますが不思議と落ち着きますねぇ~

さて…今回は色々な角度から撮った画像は少なくて

物足りなかったと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

次回は、もう少し上手い撮り方の画像を使い記事にしますので

楽しんでいただける様、頑張って仕上げます。

2015東京モーターショーと愛車…④
            
               To be continued

スポンサーサイト



テーマ : TOKYO MOTOR SHOW 2015
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

豊田 世流氏夫

Author:豊田 世流氏夫
札幌生まれの札幌育ち…三十路過ぎのクルマ好きです。18歳で免許を取得してから「クルマはノーマルで乗らない!」をモットーに生きてきました。三十路を過ぎた頃に「ノーマルの良さ」を分かってきて現在乗っているLS460は、ノーマルです。北海道の冬は厳しくFRでは限界があるので8ヶ月待ち、NX300h“F SPORT”を増車しました。両車共ノーマルですが決してイジッたクルマが嫌いになった訳ではありません。街中でキレイにイジッたクルマを見ると何故か嬉しくなり話しかける時もあります。とにかく車を「ただの移動する道具」と考えているのではなく「自分の体の一部」と思って生きている人間なので、このブログを通じて同じクルマ好きの方と出会えれば光栄です!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
★ご質問や画像などのご要望、何でも受け付けておりますのでお気軽にメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯でブログをチェック!!
QR