FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

HAWAIIの親友Kくんから聞いた銃のお話と愛銃…⑧

毎回、少しずつではありますが好評になってきているGUNのお話。

今回は観光客向け実弾射撃場について記事を進めます。

conv0001_convert_20081345.jpg
↑まず日本では当然ですが銃の携行は認められていません。

日本に住んで合法的に銃を撃つ場合は何かと面倒であり、

拳銃は民間人であれば絶対に撃つ事はできないですね。

合法的に撃つ場合一番手っ取り早いのが「海外へ行き撃つ」事で

画像にある観光客向け実弾射撃場へ行くのが一番です。

conv0002_convert_201058.jpg
↑銃の種類は豊富だし(少ない所もあるケド…)何しろ安心して撃てますよ。

そして観光客向け実弾射撃場は、ほとんどがメインの繁華街にあり、

食後に軽く撃ってみる」と気軽に行ける所がいいですね。

まぁ~豊田 世流氏夫の場合、そういう訳にはいきませんが…。

conv0006_convert_20081856.jpg
↑安心して撃てて…気軽に撃てて…日本語が通じるのが

観光客向け実弾射撃場なのですが…最大の弱点があります。

conv0011_convert_20081636.jpg
↑その弱点とは…みなさんご存知かもしれませんが

射撃代が異常に高い事ですね。

あと…もうひとつありました!「銃がワイヤーで繋がれている」事。

conv0013_convert_20081745.jpg
↑最初に話した弱点の「射撃代が異常に高い」事ですが…

当然と言われれば当然なんですよね。

銃のレンタル代・弾代・シューティングレンジ使用料…これらを考えれば

妥当な金額と言われればそれまでです。

あとは「9㎜をあと20発撃ちたいな」と思ってもオプションの設定が

無かったり、とんでもない金額を支払わなければなりません。

conv0016_convert_20081929.jpg
↑あと次に話した「銃がワイヤーで繋がれている」事ですが

これも安全の為には当然の事なんですよ。

特に日本人は実銃だと思わないで軽く考えてるみたいなので

事故・自殺防止の為、観光客向け実弾射撃では必ずと

言っていい程ワイヤーで繋がれていて銃を自由に振り回せません。

conv0017_convert_20081440.jpg
↑よく観光客向け実弾射撃場にはショーケースの中に画像みたく

銃がかっこよく飾られておりますが…これは確実に展示用です。

conv0021_convert_20082222.jpg
↑こちらの観光客向け実弾射撃場でも名銃があったので

この銃を撃ちたい」と言ったら「今この銃は壊れてるから」と

片事の日本語で上手くかわされたので「じゃ~こっちの銃は」って

少し意地悪な事言ってみたのですが…なかなか逃げるのが上手く

ここにある銃は手入れしてないから撃つと危ないよ」と言いました。

そしてシューティングレンジに連れて行かれ今にも暴発しそうな

それこそ手入れを怠っているBeretta M92Fを撃たされましたよ。

conv0024_convert_20082404.jpg
↑こちらはマニアックな方々が多いGUAMG.O.S.Rと言う屋外射撃場。

ここは繁華街にはなく、車で50分くらい走った所の田舎で

タロフォフォの滝公園内にあります。(当然ですが滝など見ません)

G.O.S.Rのいい所は自分で好きな銃を選ぶ事ができて

自分でマガジンに弾を込めて装填なども全てやらせてくれるのですよ。

もちろん!ワイヤーで銃は繋がれてません!

conv0027_convert_20082607.jpg
↑変な輩が突然発砲する恐れがありますのでG.O.S.R

スタッフはシューティングレンジに出れば銃を身に付けてますね。

当然!実弾入りで素早く応戦できる様な状態だと思います。

あとG.O.S.Rは撃ち足りなかったら1箱からになりますが

弾を購入する事ができますよ。(結構イイ値段しますが…)

GUAM実弾射撃をしたいならG.O.S.Rをお薦めします。

もう一軒GUAMには屋外射撃場があるのですが…

設備が整って無い山奥にあり、値段もかなりイイ金額するので

あまりお勧めはしません。(しかしッ!銃の数は半端ないくらいある)

ちなみにHAWAIIの親友KくんはGUAM出身で高校生の頃

この銃の数が半端ないくらいの屋外射撃場でバイトしてました。

IMG_5313_convert_20223709.jpg
↑そんなKくんお気に入りのAR-15LWRC M6ICと言う銃。

自分も知らなかったのですがKくんはAR-15系が大好きで

かなりな数を持っています。(当たり前ですが全て実銃)

HAWAIIに行った時「長物はあまり好きじゃない」と言ったので

気を利かせてハンドガンだけ持って来てくれたのでしょう。

長物はやはりフルオートで撃ちたいですよね。HAWAIIでは禁止ですが…)

しかし来年は、ちょっと長物にも挑戦して楽しもうと思ってますよ

それも、これも全てKくんがいなければ実現しない事なのを

絶対に忘れてはいけません。(銃好きにはKくんは神みたいな存在かな)

好きな銃をレンタル料なしで貸してくれて現地の販売価格で弾を

購入して現地の人しか行かないシューティングレンジに連れて行って

くれて撃ち方、取り扱い方まで指導してくれる良き友を持ち

豊田 世流氏夫は幸せですね。

※自動更新による記事です。
HAWAIIの親友Kくんから聞いた銃のお話と愛銃


スポンサーサイト



テーマ : 実弾射撃
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

豊田 世流氏夫

Author:豊田 世流氏夫
札幌生まれの札幌育ち…三十路過ぎのクルマ好きです。18歳で免許を取得してから「クルマはノーマルで乗らない!」をモットーに生きてきました。三十路を過ぎた頃に「ノーマルの良さ」を分かってきて現在乗っているLS460は、ノーマルです。北海道の冬は厳しくFRでは限界があるので8ヶ月待ち、NX300h“F SPORT”を増車しました。両車共ノーマルですが決してイジッたクルマが嫌いになった訳ではありません。街中でキレイにイジッたクルマを見ると何故か嬉しくなり話しかける時もあります。とにかく車を「ただの移動する道具」と考えているのではなく「自分の体の一部」と思って生きている人間なので、このブログを通じて同じクルマ好きの方と出会えれば光栄です!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
★ご質問や画像などのご要望、何でも受け付けておりますのでお気軽にメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯でブログをチェック!!
QR