FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プレリュードと愛車…。

人には思い出深かったり、印象に強く残っている

昔のクルマってありますよね?

例えばこちらの記事でご紹介した14アリストや…

こちらではF31レパードこちらではディアマンテ

こちらでは180SXこちらでは40ソアラ…色々書いてきました。

そして今回は昔懐かしいHONDAプレリュードについて

記事にしていきたいと思います。

conv0000_convert_20163704.jpg
↑初代かと思われていたこの型ですが実は2代目なんですよね。

でも…プレリュードと言えば画像の型を思い出してしまいます。

conv0001_convert_20080958_convert_20163731.jpg
↑この型が出た時に13歳上の従兄弟が真っ赤なプレリュード

購入し乗っていたので印象深い訳ですよ。

conv0002_convert_20163752.jpg
↑そして3代目となるこの型も従兄弟はホワイトのプレリュード

乗り替えました。(当時幼かった自分にとっては凄くかっこよく感じましたよ)

電動サンルーフに4WS…最新の装備が盛り沢山だった記憶があります。

フェンダーミラーからドアミラーに変更されたのも画期的でしたね。

conv0003_convert_20163810.jpg
↑自分が18歳になり免許を取得してクルマが買えるようになってから

中古車で安く買える事ができたのですが…

もうその時は「クルマはセダン」っと決めていたので候補にも

挙がらず結局購入したのはインスパイアでした。

とにかく歴代プレリュードの中で一番売れたのはこの型です!

3代目を最後に人気が落ちはじめ…リトラクタブルヘッドライトも廃止され…

なんか味気ない普通のクルマになってしまった気がしますよ…。

conv0004_convert_20163826.jpg
↑今でもたまぁ~に見かける事がある4代目プレリュード

バブル崩壊後で若者が新車で簡単に買う事のできない時代となり

3ナンバーになってしまい需要が極端に減ったので売れ行きは

3代目と比べれば一気に下がったのでしょう。

個人的にフロントのデザインは結構好きなんですが…

リヤが全く好みではありません。

conv0005_convert_20164136.jpg
↑当時は新型プレリュードとして世に出された訳ですが…

開発の途中で誰か止めなかったんですかね?(あまりにも手抜きなデザイン…)

フロントがカッコイイ分、残念度は大きいですよ。(あくまでも個人的な意見です)

conv0006_convert_20164152.jpg
↑ただしッ!インパネは近未来的に感じました!

助手席まで続くインパネは当時とても魅力的でしたね。

今までのクルマ史上でも、なかなかこんなデザインは無かったのでは?

インパネ以外は当時として普通の内装です。

conv0007_convert_20164215.jpg
↑そしてプレリュード最後の型となる5代目。

この型が新車で発売された頃には自分のクルマを持ち、

色々なクルマを見にディーラーへ行っていましたのでカタログを持っています。

img420_convert_20164313.jpg
↑もはや2代目・3代目プレリュードの面影は一切なく、

本気で売る気があってデザインしたのか疑いたくなりますよ。

そんな5代目プレリュードでも幼い頃に憧れだったクルマなので

買いもしないのに見に行ったんですよねぇ~。

img421_convert_20165510.jpg
↑内装は4代目のインパネは無くなり普通のクルマになってしまいました。

当時としては最新技術が詰め込まれたナビもオプションで設定があり

装着車は目立っていたでしょう。

img422_convert_20165440.jpg
↑画面は6インチのCD-ROMですが1996年では最高の装備ですね。

ナビの普及率が新車登録時で5割を超している現在ですが

1996年当時でプレリュードに装備していたのは

1割もいなかったと思います。

img423_convert_20165352.jpg
↑こちらがカタログに挟まっていた見積書。

平成8年11月11日にディーラーで見積書をとってますね。(今から18年前です)

買う気は全く無かったので値引きなどは一切記入されていません。

調子に乗ってTYPE-Sの5MTで見積書を出させてますよ。

img424_convert_20165907.jpg
↑車両本体価格2,724,000円で付属品が153,200円

諸費用など入れて総額3,262,554円で買える5代目プレリュード

とても10代の若者が買えるクルマではありません。(なら見積書出させるな!)

この型を最後にプレリュードは1978年から2001年までの

23年間…5代に渡り生産され幕を閉じました。

今の若い方々に「プレリュードって知ってる」っと聞いても

ほとんどの方は知らないと思います。(名車だったんですがねぇ~)

今のHONDAも売れなくていいから熱いクルマを造ってほしいですよ。

まぁ~売れないクルマなど造る訳がないのですが…

最近は魅力的なクルマが減ってきているのは現実ですよね。

また何か思い出深いクルマや印象に残っているクルマが出てきましたら

記事にして書いてみようと思います。


スポンサーサイト



テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

豊田 世流氏夫

Author:豊田 世流氏夫
札幌生まれの札幌育ち…三十路過ぎのクルマ好きです。18歳で免許を取得してから「クルマはノーマルで乗らない!」をモットーに生きてきました。三十路を過ぎた頃に「ノーマルの良さ」を分かってきて現在乗っているLS460は、ノーマルです。北海道の冬は厳しくFRでは限界があるので8ヶ月待ち、NX300h“F SPORT”を増車しました。両車共ノーマルですが決してイジッたクルマが嫌いになった訳ではありません。街中でキレイにイジッたクルマを見ると何故か嬉しくなり話しかける時もあります。とにかく車を「ただの移動する道具」と考えているのではなく「自分の体の一部」と思って生きている人間なので、このブログを通じて同じクルマ好きの方と出会えれば光栄です!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
★ご質問や画像などのご要望、何でも受け付けておりますのでお気軽にメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯でブログをチェック!!
QR