FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

塗装の違いと愛車…。

世界中にあるクルマは その国々によって造り方が異なり

仕上がりも「お国柄」というのは出ていると思いますね。

そして何より塗装の違いというのは注目すべき点です🚙

conv0001_convert_20102475182132.jpg
↑例えばこちらのクルマは新車の状態で仕上がった塗装。

某国のクルマなのですが…とても美しい塗装とは言えナイ

映り込んだ蛍光灯が凸凹して日本のクルマは素晴らしい

塗装なのだと感じさせる1枚なのではないでしょうか…。

conv0002_convert_20102478182145.jpg
↑更に同じく某国のクルマですがアップで見ると酷い…。

ボディの映り込みなど一切、気にしない方であれば何も

問題ナイとは思いますが豊田 世流氏夫は無理ですねぇ~。

やはりクルマには輝きを求めてしまいますから。(眺めて楽しむ)

conv0003_convert_20102357182153.jpg
↑そしてッ!こちらはリボルト岡崎さんに入庫された

RX300ブラック<212>の素晴らしいLEXUS塗装です!

フロントガラスに映る照明と同じくらいボンネットにも

映り込んでいる鏡のような塗装は見ていて楽しい

ここまで塗装の違いと感じられるのは凄い事ですね。

conv0004_convert_20102467182201.jpg
↑こちらは我が愛車2号機NX300hF SPORTです。

やはり黒系の塗装より鏡みたいになりませんが…

蛍光灯がクッキリ映り込む素晴らしい塗装ですよ!

この輝きがあるからこそ洗車も楽しくなる訳です

conv0005_convert_20102457182209.jpg
↑最後に我が愛車1号機LS460の輝きを1枚📷

自宅車庫の蛍光灯になりますが綺麗ですねぇ🤩

洗車後なので映り込みは素晴らしいと思うかな。

お国柄」で塗装の違いとココまで異なれば…

楽しみ方も変わってくると思いますよ。(塗装は大事)

改めてLEXUS塗装クォリティが高いと感じます。


毎日貯まるポイントサイト ECナビ
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

春の走行を待つ高級車たちと愛車…。

先日、久しぶりに血が騒ぐ高級スポーツカーを見て来ました。

国産車ではなく、輸入車の高級スポーツカーは魅力的です

conv0001_convert_20102457101750.jpeg
↑深みのあるレッドカッコイイボディカラーですねぇ!

MASERATI GranTurismo MCは納車前の様でしたよ

22,570,000円高級スポーツカーですが運転してみたい。

conv0002_convert_20102457101801.jpeg
エレガントオーラを出している素晴らしいクルマ…。

Bentley Continental GTCファブリックルーフがお洒落。

28,180,000円と高額ですが…購入される方が気になる。

conv0003_convert_20104881101811.jpeg
東京モーターショー以来、見たFerrariはこちらです!

札幌でも珍しいFerrari 488GTBは走る勇姿を見たいな。

こんな感じで春の走行を待つ高級車たちとなりましたよ。

conv0004_convert_20103842101820.jpeg
Ferrari 488GTBの車内にはプライスボードがあり、

37,480,000円LEXUS LF-Aとほぼ同じ金額でした。

そう考えるとLF-Aは国産車で最高金額なのが凄い。

conv0005_convert_20106755101831.jpeg
↑以上の総額約1億円近い3台のクルマは今後、

春の走行を待つ高級車たちとなり納められれば

北海道内で見かけるかもしれません。(たぶん…)

そして現実に戻りALFA ROMEOを試乗しましたよ。

自動更新による記事です。


毎日貯まるポイントサイト ECナビ

テーマ : イタ車を中心とした車の話。
ジャンル : 車・バイク

2019東京モーターショーと愛車…⑧

長らく続けてきた「2019東京モーターショーと愛車…。」は

やっと!今回でラストとなります…最後までご覧になって

くれた方に感謝いたします。(見てくれる人がいなければ続かない)

最終回なのですが日本スーパーカー協会出展するクルマ

ご紹介してラストを飾りたいと思いますのでご覧ください👀

conv0001_convert_20702475090805.jpg
↑まずはAston Martinの2台からご紹介しますね

こちらのVANTAGEV84ℓツインターボエンジン

エレガントな姿で510PSも叩き出すモンスターマシン

conv0002_convert_20702404090814.jpg
DB11ベースに軽量化された究極のマシンがこちら

DBS Superleggera Voltageですボディカラーが印象的。

泣く子も黙るV124ℓエンジン725PSという化け物👻

conv0003_convert_20702408090825.jpg
↑2019年で創業100周年を迎えたBentleyが登場!

画像はMulsanne SpeedV86752 ccツインターボ💪

価格は44,786,907円と高額なクルマですね…欲しいなぁ。

conv0004_convert_20705044090833.jpg
↑たま~に札幌でも見かけるContinental GTです!

W126ℓエンジン635PSもある素晴らしいクルマ

0-100km/hを3.7秒で駆け抜ける事ができるマシン🚙

conv0005_convert_20705247090843.jpg
↑横浜にあるMiracolareというショップからはMASERATI

GranCabrio(右)が展示され2019東京モーターショーいうか

東京オートサロンみたいな雰囲気を感じましたよ。

conv0006_convert_20705547090852.jpg
↑このGranCabrioショップデモカーみたいですね。

2010モデルらしいのですが古さは感じられません…。

2019東京モーターショーコラボで華やかさがありました。

conv0009_convert_20705477090919.jpg
武州鳶という足場工事・足場組立の会社らしいのですが

社長が個人的に所有しているLamborghiniが登場してました。

しかもッ!Aventadorの目立つボディカラーで2台も展示です!

conv0007_convert_20708875090902.jpg
↑こちらのド派手Aventador LP750-4 SVは目立つ!

しかし…塗装はお粗末で軽自動車の方がいいくらいで

綺麗ピンクを出せてなかったのは残念でしたよ…。

conv0008_convert_20705236090911.jpg
↑生産台数900台のAventador SVJは誰もが憧れ夢みる

クルマだと思うのですが…それを所有してしまうのは凄い。

V126.5ℓエンジン770PS0-100km/hが2.8秒

conv0010_convert_20708578090928.jpg
↑こちらの3台は日本スーパーカー協会の目玉でしょう👀

PORSCHE 911 GT2 RS3.8ℓ水平対向6気筒ターボ搭載。

700PSという究極のモンスターマシンは一度乗ってみたい。

conv0011_convert_20708879090937.jpg
↑そして幼い頃に憧れたクルマFerrariF40

Ferrari40周年記念として発売された名車です。

1987年当時の価格は46,500,000円と凄いですね。

conv0012_convert_20705524090946.jpg
↑さらにFerrari50周年記念5で発売されたのがF50

1995年に発売されましたが今見ても古さを感じない…。

F40の後継車だけあって新車価格は50,000,000円です。

さて「2019東京モーターショーと愛車…。シリーズ

今回で完結するのですが…色々調べていると更新が

こんな時間になってしまいました。(もちろん月曜日は仕事)

今度東京モーターショーの記事を書く時は2021年の秋。

その時までブログを書いているか分かりませんが必ず

東京モーターショーには行くので記事として書きますね。

END

2019東京モーターショーと愛車…⑦


毎日貯まるポイントサイト ECナビ

テーマ : モーターショー
ジャンル : 車・バイク

2019東京モーターショーと愛車…⑦

自動車メーカーとして最後の記事になる今回の

2019東京モーターショーと愛車…。シリーズ

もう3ヶ月経ってしまいましたが記事にしますねぇ

conv0001_convert_20401247171949.jpg
↑唯一、今回も出展してくれたMercedes Benz

魅力的なコンセプトカーがありましたので多めに

撮影しましたよ📷(少し撮り過ぎたと思いますが…)

conv0002_convert_20402572171958.jpg
↑こちらはアジア初公開となるVISION EQSです。

見た感じは未来感たっぷりだと思いましたよー!

conv0003_convert_20402544172006.jpg
↑将来の大型電動高級サルーンイメージして

公開されたVISION EQSは素晴らしいスタイル

conv0004_convert_20402544172015.jpg
EVで次世代のMercedes Benzを象徴する様な

コンセプトカーですが…かなり大きくて迫力ある!

conv0005_convert_20402563172024.jpg
ホイール24inchを履かせており、綺麗

キマッてデザインもお洒落だと感じましたね。

conv0006_convert_20402544172033.jpg
リアから見たら…イマイチ何か物足りない。

少し時代を先取りし過ぎているデザインかも。

conv0007_convert_20402547172041.jpg
ボディシームレスで埋め込まれたリアライト

229個の星型LEDでできており、美しく点灯するらしい。

conv0008_convert_20402547172049.jpg
↑こちらはMercedes Benzらしくないデザイン

EQCとなりますが日本国内で初登場のEVです。

conv0009_convert_20402547172057.jpg
モーターは前後に2基搭載して総合出力は408PS💪

EQC 400 4MATICは車両本体価格は10,800,000円

conv0010_convert_20402555172105.jpg
↑期待のSクラス S 560 long Chauffeured Limited

さすが17,300,000円の風格は感じるクルマでしょう

conv0011_convert_20402101172114.jpg
↑座らせてもらえるのですが…みなさん並んでおり、

お姉さんの説明を待っていたので2枚だけ撮影しました。

conv0012_convert_20402544172121.jpg
AMGからはAMG A 35 4MATIC Sedanが目立ち

みなさん集まり、じっくり見てましたね。AMGは違う)

conv0013_convert_20402100172128.jpg
↑同じくAMGセダンではナイモデルとなるAクラス

AMG A 45 S 4MATIC+ Edition 1ボディカラーもあり、

たくさんの注目を集めておりましたね👀(とにかく目立つ)

直42ℓエンジン421PSを叩き出すモンスターマシン

こんな感じでMercedes Benzブースは終わりにします。

To be continued

2019東京モーターショーと愛車…⑥


毎日貯まるポイントサイト ECナビ

テーマ : モーターショー
ジャンル : 車・バイク

2019東京モーターショーと愛車…②

一週間ぶりとなる 「2019東京モーターショーと愛車…。

画像の整理はできているのですが普段の記事と違って

長くなるので…ゆっくりと記事を仕上げておりますね

conv0001_convert_20178549233559.jpg
↑毎回、小さなブースですが楽しみなALPINA

BMWが出展していないので貴重だと思いました。

驚異の大口径22inchホイールを履かせているのは

BMW ALPINA XD4 Allradです。

conv0002_convert_20178549233612.jpg
↑4基のターボ3ℓ直6ディーゼルターボエンジンを搭載。

2代目X4も街では見かけないのにXD4 Allradは札幌でも

当然見た事ありません。(価格は13,850,000円で買えちゃいます)

conv0003_convert_20175201234008.jpg
↑1枚しか撮っておりませんが…とてもカッコイイ

BMW ALPINA B3 Limousine Allradも展示してました。

ALPINAグリーンが よく似合い目立つクルマですねぇ!

3ℓ直6ターボエンジン搭載で462PSを叩き出すマシン

車両本体価格は12,290,000円で購入する事が可能です。

ちなみにBMW ALPINA B3 Limousine Allradは世界初披露。

conv0004_convert_20174149233632.jpg
ALPINAと言えばBMW ALPINA B7 Limousine Allrad

日本でALPINA1号車のB7 Turboの上陸から40周年という

節目の年で17回連続出展しているのはファンとして嬉しい。

conv0005_convert_20175204233644.jpg
↑う~ん!カッコイイ!そして一度でいいから運転したい。

25,970,000円と…購入できる価格ではありませんが欲しい。

conv0006_convert_20178954233656.jpg
ピンボケですが迫力あるキドニーグリルなので

載せさせていただきますが…やはり大きいですね。

conv0007_convert_20178540233708.jpg
4.4ℓ V8エンジン608PSもあるモンスターマシン

全長5268㎜もあり、現行LSの全長5235㎜より長い!

conv0008_convert_20178549233722.jpg
リアデザインAudi A8みたいにテールランプ

一文字に繋がっており、今流行りで素敵に見えます。

conv0009_convert_20174909233734.jpg
↑4台展示してあった最後のALPINAはこちらになります。

BMW ALPINA XD3 Allradは一番奥で目立ってませんが

素晴らしいALPINAの1台と言えるでしょう。(素敵なボディカラー

conv0010_convert_20175469233746.jpg
XD4 Allradスペックで敵わないにしてもスゴイ

2基のターボ3ℓ直6ディーゼルターボエンジンを搭載。

conv0011_convert_20170589233757.jpg
333PSも叩き出せるマシンなのだが燃費は意外に

14.5㎞/Lと悪くナイので快適なドライブが楽しめそう。

conv0012_convert_20175498233810.jpg
↑気になる車両本体価格は11,150,000円となってます。

以上、4台だけでしたがALPINAを見る事ができました

conv0013_convert_20178549234020.jpg
↑今回のオマケとして…ひっそりとブースを構えてた

RENAULTも最後にご紹介させていただきますねぇ

MEGANE R.S.は運転した事ありますが確かにFF最速

TROPHY4,990,000円リーズナブルな価格ですよ

conv0014_convert_20178951233834.jpg
↑やはりRENAULTといえばカワイイイメージがあります。

こちらのTWINGOカワイイのですがお姉さんカワイイ

conv0015_convert_20175879233844.jpg
↑なぜかRENAULTお姉さんカメラ目線でした。

こちらのLUTECIAは新型で2020年に発売されるそう。

conv0016_convert_20178951233855.jpg
ALPINEからはA110Sが展示されてましたよー!

1.8ℓ直4ターボエンジン搭載で292PSマシンです。

8,990,000円リーズナブルに買えちゃうのは嬉しい。

そして最後のお姉さんもしっかりとカメラ目線で嬉しい。

…っと、今回の東京モーターショー輸入車メーカー

3社だけだったので寂しい感じがしましたね…ホントに。

次回は みなさんお待ちかねのLEXUSをご紹介します

To be continued

2019東京モーターショーと愛車…①


毎日貯まるポイントサイト ECナビ

テーマ : モーターショー
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

豊田 世流氏夫

Author:豊田 世流氏夫
札幌生まれの札幌育ち…三十路過ぎのクルマ好きです。18歳で免許を取得してから「クルマはノーマルで乗らない!」をモットーに生きてきました。三十路を過ぎた頃に「ノーマルの良さ」を分かってきて現在乗っているLS460は、ノーマルです。北海道の冬は厳しくFRでは限界があるので8ヶ月待ち、NX300h“F SPORT”を増車しました。両車共ノーマルですが決してイジッたクルマが嫌いになった訳ではありません。街中でキレイにイジッたクルマを見ると何故か嬉しくなり話しかける時もあります。とにかく車を「ただの移動する道具」と考えているのではなく「自分の体の一部」と思って生きている人間なので、このブログを通じて同じクルマ好きの方と出会えれば光栄です!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
★ご質問や画像などのご要望、何でも受け付けておりますのでお気軽にメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯でブログをチェック!!
QR